不妊症~体の状態を知ることから始める

明日から10月です。衣替えの時期ですね。朝晩はだいぶ涼しくなってきましたが、日中の日差しはまだ強い日もあります。気温差に十分注意して風邪を引かないようにしたいものです。

前回は、不妊症の治療ではまず自分の体の状態を知り、良い状態でなければ(例えばストレスが溜まっていたり、疲労蓄積、睡眠不足、食欲不振、などなど、不定愁訴はたくさんあります)先に体を健康な状態にもっていくことが大事だというお話でした。

この場合、女性には一つのバロメーターとなるものがあります。それは「月経」です。ある程度体のバランスが取れていれば、定期的な月経があります。そしてここで具体的に体の状態を「月経周期」から把握していくことができます。

それは、基礎体温(BBT)によって知ることができます。毎日記録した基礎体温曲線により排卵の有無や時期、
黄体機能などを推測することができます。基礎体温の意義は、いくつかの女性ホルモンの正常な分泌により、低温相と高温相の2相性をしめす、正常排卵周期を知ることができるということです。

体があまり良い状態ではない場合、この基礎体温もバランスが大きく崩れていくことになります。

バランスの崩れた体を、まず東洋医学(漢方、鍼灸その他)の方法で整えてあげます。良い状態になってきた目安はやはり、基礎体温の正常排卵周期ということになるでしょう。

ゴールドセオリーとは言えないと思いますが、漢方、鍼灸などでまず体全体を良い状態に整え、並行して高度生殖医療を、一技術として応用する、というのが一つの考え方だと思います。

現在、以上のような流れの中で、一はり・きゅう師として不妊症の患者様の治療に取り組んでいます。

次回は、男性の不妊症?(男性が妊娠するわけではないのですが、世間ではそう言われている、最近結構多いのです)についてです。

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

肥沃な大地に種を蒔く~不妊症の中医学~

外はすっかり秋らしくなってきました。雲ひとつない晴れの日が続くと良いですね。

さて、不妊症における現代医学と中医学(漢方、鍼灸)の併用ですが、現代医学は先端の技術を使って人工授精や体外受精などで妊娠を成立させます。非常に高度で優れている技術です。一方中医学ではこのような技術は使いません。個人個人の体質や症状の違い、また季節や時期などを考慮して処方やツボ(鍼灸の経穴)が変化してきます。

いわば、「個」を重視したオーダーメイドの治療法です。

仕事や家事で忙しく、疲労や愁訴が蓄積してなかなかご自身の体のケアまで手がまわらず、しかしやっとの思いで時間をとって、体外受精や人工受精などの治療を受け続けている方も多いかと思います。

しかし、ここで一歩立ち止まって少しご自身の体のことを思いやっていただきたいと思います。ご自身の体が疲労困憊していたり、時にはボロボロ状態(特にホルモン剤などの影響)で高度な技術を駆使した治療をしても、なかなか妊娠に至らないケースが多いことも事実です。

痩せた土地にいくら種をまいても、芽はてきません。中医学が得意とするのはこの分野です。弱っている体に生薬を服用することで体を補養し、元気を取り戻してゆけます。鍼灸をすると滞りがとけ、体が軽くなり、活発になれます。つまり受精、着床を維持していけるような、「肥沃な体つくり」です。

肥沃な大地に種をまいて、よい芽を育てましょう!

では、具体的にはどうすればよいのか?

次回に続く

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

第3回 日本中医学会学術総会に参加して来ました

IMG_0362.jpg

9月14日、15日の両日、第3回 日本中医学会学術総会に参加して来ました。

今年の総合テーマは「少子化問題を解決する中医学」です。

少子化問題の一つの背景となっている、不妊症、出産、子育ての問題に対する発表・シンポジウムがおこなわれました。不妊症を例にとると、女性の社会進出の増加、定着化→晩婚化の傾向→不妊症の増加、という流れがあるように思われます。

現代医学では、高度先端技術(人工受精、体外受精など)を用いて不妊治療に取り組んでいますが、そのような治療を複数回行ってもなかなか妊娠に至らないケースも多くあることも事実です。

多くの発表では、このような先端的な現代医学の治療と中医学(漢方薬、鍼灸)を併用することによって妊娠率を高めることができる可能性が示唆されました。

現代医学と中医学の併用とは具体的にはどのようなことでしょうか?

続きは次回に

鍼灸による不妊治療の発表です


続きを読む

テーマ : 医療・病気・治療
ジャンル : 心と身体

休診のお知らせ

ご相談室をご覧いただきありがとうございます。

第三回 日本中医学会 学術総会 参加のため以下の通り休診とさせていただきます。

2013年9月14日 土曜日 午後
2013年9月15日 日曜日

*14日の土曜日は午前11時までの受付となります。

ご迷惑をおかけいたしますが、宜しくお願い致します。

仁愛堂のブログを開設致しました。

みなさまこんにちは。
私は仁愛堂治療所所長の古川と申します。
当治療所ではではホームページ開設に伴いまして、新たにブログも開設いたしました。
こちらのブログでは、鍼灸についてのお話はもちろん、私の日々のつれづれを綴っていきたいと思っております。
鍼灸についてのご質問、ご相談などもお気軽にコメントして頂ければと思っております。

また、当治療所ホームページでは仁愛堂治療所についてより詳しくご説明しておりますので、こちらも是非ご覧頂ければと思います。

それでは、みなさまに楽しんで頂ける内容を目指して頑張っていきますので、今後とも当治療所のブログをどうぞよろしくお願い致します。
プロフィール

手三里

Author:手三里
仁愛堂ブログへようこそ!
鍼灸のこと日々のこといろいろとお話いたします。
よろしくお願い致します。

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
ご相談内容:

カウンター
QRコード
QR