立冬過ぎてそろそろ冬の訪れ

朝晩の冷え込みが徐々に増してきています。暖房器具をそろそろ準備される方も多いでしょう。

さて、冬は寒いのですが、この季節は生き物たちはみな生命力を体の内側へ蓄えておく季節にあたります。

冬=「蔵」

木々は秋にその生命力を収束させる時期、にきれいに紅葉して冬になると葉を落とし生命力を内側に内蔵
させて、エネルギーの無駄な消費を抑えます。動物たちは土籠り、冬眠をするものもいます。

これらは、エネルギーを内蔵させて春から秋にかけて消耗した「気」を回復して、来るべく季節=春に向け
体力を整えていく時期でもあります。

そこで、冬を上手に過ごす養生法

出来るだけ

 大汗をかくような激しい運動のしすぎ
 夜更かしや早起きのしすぎ
 暖房で温めすぎ
 涼性食物の取りすぎ(トマト、きゅうり、なす等や生野菜のとりすぎ)

は避けたいですね。

すべて体の「気」を発散、消耗してしまうことになります。

運動は適度に軽く汗ばむ程度に、室温も温めすぎず着衣で調節して外気との差が大きくならないようしましょう。

食べ物は温かい物を中心に、好みで少し辛味を加えるのもよいでしょう。(辛味を摂りすぎは注意)
コーヒー、緑茶、ウーロン茶はみな涼性の飲み物となります。多飲に注意してできるだけ温性の飲み物、
例えば、紅茶、ほうじ茶、番茶など(発酵が多少長かったり茶葉を炒ってあるもの等)もよいでしょう。

これから師走になると忘年会やら年末行事などで忙しなさが増してきます。冬は寒くてつらい、と私も感じてしまうのですが、冬は心身を落ち着かせ、新春への体の地固めをする季節、季節に合わせた生活を楽しみながら過ごしたいものです。
プロフィール

手三里

Author:手三里
仁愛堂ブログへようこそ!
鍼灸のこと日々のこといろいろとお話いたします。
よろしくお願い致します。

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
ご相談内容:

カウンター
QRコード
QR