台湾研修

IMG_20170312_085543_convert_20170325154340.jpg

3月中旬に台湾へ研修に行ってきました。

今回は、国際フォーラム参加後に台北市中医師公会所属の
お二人の先生のクリニックを訪問・見学することが出来ました。

IMG_20170314_103254_convert_20170325154530.jpg

台北市内、101タワーの近くでクリニックを営む郭先生。
患者さんの脈、舌などを診て診察をすすめます。

IMG_20170314_105530_convert_20170325154626.jpg

左肩に痛みがあり挙上しにくい患者さんに
先ず、反対側の下腿に何本かはりをして
肩関節の動きを観察していきます。
その後、右下腿、右前腕などのツボに刺鍼をしていきます。
このように、疼痛局所を刺激しないはり治療の方法は多く存在します。

董氏奇穴鍼の使い手でもある先生の治療により、患者さんの肩は徐々に
違和感なく挙上ることができるようになりました。

IMG_20170314_115940_convert_20170325154711.jpg

漢方の処方をするとしたらこのようなものになりますと、粉末剤を並べてもらいました。
約束処方になってるもの、単味粉末のもの多様にあり、かつ保険が適用されるということです。

IMG_20170314_124814_convert_20170325154849.jpg

二件目は、台北市の北部にある陳先生のクリニックにお邪魔しました。
「中醫診所」という看板をよく見かけますが、これは、日本風に言うと
「漢方」と「鍼灸」の専門のクリニックといったところです。

IMG_20170314_135341_convert_20170325155054.jpg

腰痛のある患者さんに、はりをした後吸角器で吸引してるところです。
こうすることで、筋肉の緊張を緩和して血行をよくします。

IMG_20170314_141223_convert_20170325155143.jpg

はりを抜いた後、骨盤の歪みを矯正します。

IMG_20170314_141717_convert_20170325155232.jpg

患者さんの主訴は、喉の違和感、痛みなどで、画面右下に漢方の処方も記載されいます。
左画面に症状や脈、舌の状態を記載しています。

台湾では、「漢方」「鍼灸」に保険が適用(すべてではないが)になります。
カルテは大体、電子カルテとなっているようです。

日本とは、医療制度上の違いがありますが、台湾では「中医」が国民医療の中に
支持され、浸透していることを改めて実感したところです。









棗の胡桃挟み~中国紅茶でいただく

3月に入りましたが、まだまだ空気は冷たい感じです。

今日は先日北京から遊びに来た妹のお土産

「大棗挟胡桃」を中国紅茶といただいてみました。
健康食品というよりも、子供のおやつにもよい感じです。

IMG_20170225_113214_convert_20170228175943.jpg

両方とも漢方の処方にも生薬として良く使われます。

大棗:なつめのこと
効能:滋養強壮、利尿、鎮静、鎮痛、緩和
作用:胃腸機能の調整や薬性を和らげる作用等があります。
薬味:温 甘

胡桃:くるみ 漢方では胡桃肉、胡桃仁
効能:滋養強壮、利尿、通便、鎮咳
作用:油脂分があり、タンパク質、ビタミンに富んでおり、
利尿、通便を通した排毒作用があります
薬味:温 甘

どちらも栄養豊富で、甘みがあり、一緒に食べるとサクサクとした
歯ごたえで、よく咬むと口の中で甘みが広がり美味しいおやつとなります。

IMG_20170225_113707_convert_20170228175845.jpg

薬性も「温」ですので、まだ寒い時期、やはり温性の中国紅茶
今日は、「キーモン紅茶」でいただいて、陽気を補いましょうと。
プロフィール

手三里

Author:手三里
仁愛堂ブログへようこそ!
鍼灸のこと日々のこといろいろとお話いたします。
よろしくお願い致します。

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
ご相談内容:

カウンター
QRコード
QR