旧暦九月九日~重陽の節句

本日は、旧暦で九月九日、九が重なる重陽となります。

驥埼區遽€隧ゥ譚懃鴬_convert_20171028105359


陽数である奇数の9が重なりきわまる意味での重陽。
もともと古来中国ではこの強まった陽を抑える意味で
魔よけ、厄除け、平安長寿を願う日として定められて
きたようです。高い所に登り(伝説に由来する)、菊花
を愛で菊酒を飲んで祝ったそうです。

日本にも平安時代に伝わり上流階級を中心に重陽の節会開かれ、
時代が下って江戸時代には、五節句の一つとして庶民生活の中の
年中行事となっていったようです。

現在の日本ではほとんど聞かなくなってしまった重陽節ですが、
今日は、重陽にちなんでこの時期開花が盛んな菊花を使った
養生茶を淹れてみました。

IMG_20171028_092732_convert_20171028105444.jpg


晩秋の寒さや霜に負けずに咲く菊の花に古代の人たちはその力強さを
感じていたのかもしれません。中国では、菊は「不老草」「延寿客」等と
呼ばれ重宝されているそうです。

 菊花
 味:甘苦 性:微寒
 効能:疏散風熱、平肝明目、清熱解毒

古くは神農本草経など多くの本草書に収載されている生薬で
消炎、利尿、降圧、解毒などの効果があります。
有名な処方、鉤藤散、杞菊地黄丸などに使われていますね。


今日は、補腎養肝明目作用のある枸杞子(クコシ)とさっぱりとした
凍頂烏龍茶を合わせてみました。

IMG_20171028_093428_convert_20171028105523.jpg


ちなみに、現在の中国では旧暦の九月九日は「老人節」所謂日本で
言うところの敬老の日のような感じでしょうか?

ご長寿をお祝いすることでは、重陽の意味もあると言うことですね。

桂花茶(金木犀)を淹れてみました

秋雨が続き気温も下がり、季節の変化が急激な今日この頃です。

1507767980463_convert_20171012181607.jpg

家の庭の金木犀の香に誘われて先日摘んでおいた花で桂花茶を淹れてみました。

   “暗河紫桂 実大如棗 得而食之 後天不老”  韓終 《採薬四言詩》

中国では昔から桂花を常食すると延命長寿の効能があると伝えられているようです。

多くの本草書にもその記載が見られます。

 味:辛温  帰経:肝心脾胃  効能:温中散寒 疏肝理気 健脾開胃化痰 などが
 あげられています。

1507767967415_convert_20171012181634.jpg


日本では中華料理店のお酒のメニューに「桂花陳酒」などもよく見られますが
中国では桂花糖、桂花羊羹、桂花芋、桂花魚、桂花鴨、などなど実にたくさん
桂花を使った食品、料理があります。

IMG_20171012_172923_convert_20171012181704.jpg


 *桂花茶の作り方*
  
    ・金木犀の花の部分を摘んで2~3日乾燥させます
    ・緑茶3~5gと桂花をお好みの量を蓋碗や耐熱ガラスコップに入れ
     80℃くらいのお湯を注いで1分ぐらい待って、出来あがりです

 緑茶は、友人から頂いた、「海南緑茶」を合わせてみました。わりと渋みと
 苦味、旨みがはっきりしているので、そこに桂花の甘い香りが加わり
 絶妙のバランスが醸し出すよいお茶になりました。

外が寒くなってきて、少し喉の調子が悪かったり、胃腸が冷えたり、
また気分がすぐれず、気の滞りがあるような時にもお勧めです。
プロフィール

手三里

Author:手三里
仁愛堂ブログへようこそ!
鍼灸のこと日々のこといろいろとお話いたします。
よろしくお願い致します。

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
ご相談内容:

カウンター
QRコード
QR