中国寝台列車の旅「西安~北京西T42列車乗車記前篇」

IMG_20190809_194004_resized_20190901_022636312_convert_20190908110825.jpg

夏休みに中国の西安から北京に寝台列車に乗った時のレポートです。

IMG_20190809_190328_resized_20190901_022635574_convert_20190908110749.jpg


西安駅は、明代の城壁の北側を出たすぐの所に位置して、荘厳な感じ
野する駅舎です。

今回は、西安駅を19:39に発車し翌朝9:に31北京西駅に到着する
T42列車に乗ります。中国では現在高速鉄道が全土に整備中ですが、
既に高速鉄道が開通した区間を並行して走る、いわば在来線の列車
もなお健在で、人口の多い中国では利用客の需要があればこそだと
言えます。

Tとは「特快」を表し所謂特急寝台と言ってよいでしょう。他に夜行列車
では「Z」という頭文字がつくものがありますが、これは、「直達特快」の
略字で「T」よりも早く、停車駅も少ないのが特徴です。

さて、今夜のT42列車は定刻よりも40分程遅れて、西安の駅を
出発し、途中延安、太原、石家庄など西安からほぼ北東に向け
ひた走ります。

発車すると直ぐに、各車両に一人づつ乗務している「列車員」が
チケットの検札兼回収にやってきます。同時に車両、寝台番号の
書かれたカードを渡され保管するように言われます。また下車する
時に回収して元のチケットが返される仕組みです。

夕飯は、食堂車とも思ったのですが、駅まで見送りに来てくれた
義兄が買ってくれた、涼皮(西安名物辛い汁なし麺)と肉挟摸
(やはり西安名物で小麦粉を焼いた丸いパンに牛肉を挟んだ
軽食)とホテルの冷蔵庫で冷やしておいた青島ビールを補助席
で頂くことに。

IMG_20190809_200407_resized_20190901_022635237_convert_20190908110953.jpg


旅情満喫中です。
車内販売のワゴンも充実しています

IMG_20190809_202041_resized_20190901_022634597_convert_20190908111031.jpg

食堂車で作っているアツアツの中華弁当。

IMG_20190809_210949_resized_20190901_022636142_convert_20190908111101.jpg
飲み物とカップラーメンのワゴン。

他に果物専用のワゴン、寝台車お泊まり用品ワゴン(歯ブラシ
、歯磨き粉タオル、ティッシュペーパー、石鹸、髭そり、紙スリッパなど)
そして極めつけは実演販売、試食ありの特産品専用ワゴンが
消灯時間まで何往復もして、至れり尽くせりという感じです。

IMG_20190809_195126_resized_20190901_022635979_convert_20190908110926.jpg


乗車した「硬臥」寝台とは、日本で言うところの昔のB寝台に
相当するクラスで、三段開放式の寝台です。カーテン等は
付いていないので、プライバシーは保てませんが、A寝台に
相当するのは「軟臥」といい4人1室のコンパートメントで
ベッドも広く柔らかい感じで、どの列車にもだいたい1両
連結されています。ちなみに今回のT42列車では、先頭から
荷物車+電源車+硬座(普通座席車)4両+食堂車+軟臥車
+硬臥車5両の堂々の13両編成でした。

11時近くに消灯となり、初めての寝台列車にはしゃいでいた
娘もおとなしく床についたようでした。途中ふと目を覚まして
スマホのグーグル地図を見てみると、列車は既に延安
過ぎて北上していました。

続編では、朝の風景と中国列車の旅ならではの
「ある快適車内設備」をご紹介の予定です。
プロフィール

手三里

Author:手三里
仁愛堂ブログへようこそ!
鍼灸のこと日々のこといろいろとお話いたします。
よろしくお願い致します。

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
ご相談内容:

カウンター
QRコード
QR