ウイルス撃退風八宝茶!

IMG_20200218_104323_resized_20200218_114624817_convert_20200218184302.jpg

アメリカではインフルエンザ、中国はもとより日本でもコロナウイルスの
感染がひろがりつつあります。

そこで風邪やウイルスに効果のある生薬を入れた八宝茶を作ってみました。

八宝茶といえば、枸杞や棗など甘みがありかつ滋養に富んだ材料を選んで
主に緑茶ベースで合わせた美味しいお茶ですね。

今回は、抗ウイルスバージョンとして甘草と板藍根(バンランコン)という
生薬を2味加えてみました。

IMG_20200218_102712_resized_20200218_114624469_convert_20200218185702.jpg

写真は、上から時計回りに

枸杞(クコ):味甘、性平 滋補肝腎 明目 潤肺。 2g

棗(ナツメ):味甘、性温 補中益気 養血安神 2個

新疆干しブドウ:味甘、性平 補気養血 補肝腎 排毒養顔 2g

竜眼肉:味甘、性温 補心脾 益気血 2g

板藍根:味苦、性寒 清熱解毒 涼血利咽 3g

マイカイカ(はまなすの花蕾)味甘苦、性温 行気解欝 和血散瘀 2g

甘草:味甘、性平 補脾益気 潤肺止咳 3g

緑茶:味甘苦、性微寒 清熱解毒 利尿 化痰 消食 清頭目 除煩渇
今回は西湖龍井茶 3g


IMG_20200218_111006_resized_20200218_114704456_convert_20200218184425.jpg

①まず、材料を一緒にがらすぽっとにいれます。ガラス蓋碗でもよいでしょう。
ガラスの容器ですと中身がよく見えて、綺麗です。

②沸騰したお湯をゆっくり丁寧に注ぎます。

③蓋をして5分ほど待つと茶水が茶色に変化してきますので
ある程度茶水が濃くなってきたら茶杯にいれて出来上がりです。

⁂甘みがほしい場合は、お好みで蜂蜜を小さじ一杯程度入れてもよいでしょう。

IMG_20200218_114323_resized_20200218_114704117_convert_20200218184511.jpg

全体として甘みの中に、生薬と緑茶のほのかな苦みが感じられる出来上がりです。
煎持ちがよいですので朝淹れたら一日煎持ちします。ただし緑茶は風味がなくなるのが
早いので途中で増量してもよいかと思います。

八宝茶は、基本形がありますが、自分の好みで色々とアレンジしてみてオリジナルの
八宝茶レシピを作ってみるのも楽しいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

手三里

Author:手三里
仁愛堂ブログへようこそ!
鍼灸のこと日々のこといろいろとお話いたします。
よろしくお願い致します。

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
ご相談内容:

カウンター
QRコード
QR