炬燵開き

暦でも小雪を過ぎ朝晩の冷え込みがだんだん冬らしくなってきました。

さて、今日は旧暦の十月最初の亥の日、江戸時代は炬燵開きの日となっていました。

炬燵開き②


旧十月は、十二支でも亥月、亥月の初亥の日に炬燵を出すのはどんな意味があるのでしょうか?

一年十二カ月には、そもそも十二支が配当されていました。子午線は誰でも知っていますが、方角では南北
子:北 冬至 午:南 夏至 となります。これを基本軸として、一月の寅が春のはじめとなり、十月がちょうど
亥月となります。
これに五行を重ねると一月の寅月は春の木気で始まり、冬は水気で亥→子→丑の三か月となります。
八卦でも坤(坤為地)で極陰、つまり水気の強いことを示します。

江戸炬燵開き


昔の炬燵は当然火を使いますので、火事が多かったでしょう。水気の始まりの亥月の初亥に炬燵を出すことで
火事を少なくしたいという江戸っ子の縁起担ぎ(水克火)、実は十二支と五行が生活の中に取り入れられ、庶民の
素朴な願いや呪術的な儀礼習慣となっているものが、日本の習俗の中に多く見出せます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

手三里

Author:手三里
仁愛堂ブログへようこそ!
鍼灸のこと日々のこといろいろとお話いたします。
よろしくお願い致します。

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
ご相談内容:

カウンター
QRコード
QR