はじめてのはり・きゅう治療 其参

 今回は、鍼の形状についてです。

はじめてはり・きゅう治療を受けられる方にとっては、どんな鍼をされるのかしらと不安がいっぱいです。
はり・きゅう治療で使用する鍼は身体に刺入する鍼としない鍼の大きく分けて2種類があります。

ここでは、一般的に使われているであろうと思われる刺入用の鍼を見てみます。

     骰シ縺ョ螟ェ縺補贈_convert_20150722092855

      写真向かって左は18G(1.2㎜)注射針です。
      形状も太く、先端が斜めに鋭くとがっています。
      採血や注射液を注入するためと思われます。

      真中は中国鍼というタイプで(0.25㎜×40mm)
      右は一般的な和鍼タイプ(0.20mm×40mm)
     
      はり治療用の鍼は思ったより細いと思いますが如何でしょうか?

      鍼尖端写真

     上の図は治療用鍼の先端の模式図です。 
     尖端は尖っていますが、刺入し易いように緩やかに
     丸みを帯びているのがわかります。

 現在の治療用鍼には刺入がスムーズに行えるような工夫がされているのです。     

       

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

手三里

Author:手三里
仁愛堂ブログへようこそ!
鍼灸のこと日々のこといろいろとお話いたします。
よろしくお願い致します。

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
ご相談内容:

カウンター
QRコード
QR