スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめてのはり・きゅう治療 其四

はりの形状で気になるのは、はりの長さや太さ:直径があります。患者さんからよく、「どのくらいの深さ刺すのですか?」とか

「はりはどのくらい太いのですか?」などと聞かれることがあります。

患者さんにとてみれば、どんなはりを身体に刺されるのか?と心配になるのはもっともですね。

                      蟾ィ骰シ縺ィ遏ュ骰シ_convert_20150915174210

あまりよい画像ではありませんが、上の長い針は大体30㎝の長さで太さは0.8mmほどあります。もちろん人体に対して垂直に
刺入しません。皮膚面に水平に刺入していきます。筋層には刺入せず軟部組織にそって刺入していきますので見た目の怖さとは裏腹に刺入時の痛みはあまりありません。背腰部や上下肢部位に多用します。これも患者さんの疾患や症状に応じて使い分けます。

下の柄が緑色のプラスチック製のはりは、当所で用いている一番短く、細いはりになります。長さ1.5㎝で太さは0.14mmです。
主に顔面(美容鍼)などのつぼに用います。

当所で用いている両極端(一番長くて太い物と一番短くて細い物)をお見せしましたが、これらはあまり一般的ではなく、たぶん日本での一般的なはりきゅう治療では前回お見せした写真のタイプのものが繁用されていると思われます。一言にはりの太さや長さといってもかなりの幅があることが分かります。それだけ各々はりの臨床家の考えや技術のバリエーションが豊富であるということが言えると思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

手三里

Author:手三里
仁愛堂ブログへようこそ!
鍼灸のこと日々のこといろいろとお話いたします。
よろしくお願い致します。

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
ご相談内容:

カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。