棗の胡桃挟み~中国紅茶でいただく

3月に入りましたが、まだまだ空気は冷たい感じです。

今日は先日北京から遊びに来た妹のお土産

「大棗挟胡桃」を中国紅茶といただいてみました。
健康食品というよりも、子供のおやつにもよい感じです。

IMG_20170225_113214_convert_20170228175943.jpg

両方とも漢方の処方にも生薬として良く使われます。

大棗:なつめのこと
効能:滋養強壮、利尿、鎮静、鎮痛、緩和
作用:胃腸機能の調整や薬性を和らげる作用等があります。
薬味:温 甘

胡桃:くるみ 漢方では胡桃肉、胡桃仁
効能:滋養強壮、利尿、通便、鎮咳
作用:油脂分があり、タンパク質、ビタミンに富んでおり、
利尿、通便を通した排毒作用があります
薬味:温 甘

どちらも栄養豊富で、甘みがあり、一緒に食べるとサクサクとした
歯ごたえで、よく咬むと口の中で甘みが広がり美味しいおやつとなります。

IMG_20170225_113707_convert_20170228175845.jpg

薬性も「温」ですので、まだ寒い時期、やはり温性の中国紅茶
今日は、「キーモン紅茶」でいただいて、陽気を補いましょうと。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

手三里

Author:手三里
仁愛堂ブログへようこそ!
鍼灸のこと日々のこといろいろとお話いたします。
よろしくお願い致します。

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
ご相談内容:

カウンター
QRコード
QR