スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧暦九月九日~重陽の節句

本日は、旧暦で九月九日、九が重なる重陽となります。

驥埼區遽€隧ゥ譚懃鴬_convert_20171028105359


陽数である奇数の9が重なりきわまる意味での重陽。
もともと古来中国ではこの強まった陽を抑える意味で
魔よけ、厄除け、平安長寿を願う日として定められて
きたようです。高い所に登り(伝説に由来する)、菊花
を愛で菊酒を飲んで祝ったそうです。

日本にも平安時代に伝わり上流階級を中心に重陽の節会開かれ、
時代が下って江戸時代には、五節句の一つとして庶民生活の中の
年中行事となっていったようです。

現在の日本ではほとんど聞かなくなってしまった重陽節ですが、
今日は、重陽にちなんでこの時期開花が盛んな菊花を使った
養生茶を淹れてみました。

IMG_20171028_092732_convert_20171028105444.jpg


晩秋の寒さや霜に負けずに咲く菊の花に古代の人たちはその力強さを
感じていたのかもしれません。中国では、菊は「不老草」「延寿客」等と
呼ばれ重宝されているそうです。

 菊花
 味:甘苦 性:微寒
 効能:疏散風熱、平肝明目、清熱解毒

古くは神農本草経など多くの本草書に収載されている生薬で
消炎、利尿、降圧、解毒などの効果があります。
有名な処方、鉤藤散、杞菊地黄丸などに使われていますね。


今日は、補腎養肝明目作用のある枸杞子(クコシ)とさっぱりとした
凍頂烏龍茶を合わせてみました。

IMG_20171028_093428_convert_20171028105523.jpg


ちなみに、現在の中国では旧暦の九月九日は「老人節」所謂日本で
言うところの敬老の日のような感じでしょうか?

ご長寿をお祝いすることでは、重陽の意味もあると言うことですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

手三里

Author:手三里
仁愛堂ブログへようこそ!
鍼灸のこと日々のこといろいろとお話いたします。
よろしくお願い致します。

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
ご相談内容:

カウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。