当治療所の不妊鍼灸治療について

みなさん、こんにちは。

今回から数回に分けて、当治療所HPにてお話しております「不妊鍼灸治療」についてご紹介していきたいと思います。
まずは、第一回目といたしまして「当治療所の不妊鍼灸治療について」のお話しをさせて頂きます。
(HPでご紹介しておりますお話と内容は同じものとなります)




みなさんは「不妊症」とはどんな症状だと思われているでしょうか?

一般的な症状と致しましては、以下の二つの捉え方がございます。

01_funinsyoutowa01.jpg

器質的な「不妊症」の場合は、現代医学の治療を行うことで妊娠に到る場合も多いと言えますが、
機能的な不妊症の場合は、原因が明確ではありません。
しかし東洋医学、中医学、漢方等の考え方、理論に 照らし合わせて見てゆくと、必ずしも原因が無いとは言い切れません。
02_illust.png
現代医学の検査では分かりずらい、例えば、手足やお腹・腰の冷え、ストレスを感じやすい、肩や首などが良く凝る、手足がむくみやすい、良く眠れない、不安感が強い、食事内容、食事の摂り方など食生活に問題がある等々 挙げれば多くの不妊になる原因が考えられます。
東洋医学ではそのような不定愁訴や体質などを整えていくことで、緩やかに妊娠力をアップしていくよう促していきます。

01_matome.jpg






東洋医学で考える不妊症とは?

東洋医学での「不妊症」を考えるにあたりまして、まずは、東洋医学で女性の生理・妊娠についてどのように考えるのかを見て行きましょう。
2000年近く前の中国の古典医学書、『黄帝内経素問(こうていだいけいそもん)』という書物の中に、「女子は7歳頃に歯が はえかわり、14歳頃にホルモンが生成され初潮が始まり、21歳頃で身体が充実し、28歳頃 生殖能力がピークをむかえる。その後35歳頃から徐々に老化が始まり49歳前後で閉経を迎える」というような内容の記述がみられます。
つまり女性の東洋医学的身体年齢は、概ね7の倍数で変化していくと言うことが昔の人々も認識していたことがうかがわれます。

01_nananobaisuu.jpg

01_nenrei.jpg

東洋医学(漢方・鍼灸)では、患者さんの体質にあわせた漢方や鍼灸治療の処方、食事や薬膳運動療法、生活習慣改善など総合的な養生法を行って行くことで、低下してゆく妊娠力を徐々にアップして東洋医学的な女性の年齢を実際の年齢よりも若くしていくことが可能です。



東洋医学(漢方・鍼灸)では、妊娠力を高めるには以下のことを重視しています

01_siten_illust.png



メンタルなエネルギーをつかさどる「気」

「気(き)」は人間の活動の原動力、エネルギーと考えることが出来ます。 仕事や家事などに追われて、日々蓄積されてきたストレスがこの「気」のスムーズな流れ、動きに影響を与えます。

つまり「気」の滞る状態が長引くと臓器や筋肉の働きが低下してきます。
性では、子宮や卵巣などの機能低下、ホルモンバランスの乱れ、「気」が滞ることにより血流も悪くなり適切な子宮内膜の状態が形成されにくくなり、着床・妊娠しずらい状態となります 。

01_ki_illust.jpg





女性器官を栄養し正常に働かせる「血」


「血(けつ)」は全身の組織や器官を栄養して生命を維持するうえで大切な物質です。
ですから「血」は卵 巣や子宮を滋養して温めるための大切なエネルギー源と言えます。


「血」を生成するものは主に食 べ物です。
偏食や食べ過ぎ、添加物の取り過ぎなどは「血」の内容を悪い物にしてしまいます。 また、「血」の巡りが滞ると身体が冷えやすく、自律神経にも影響が出て、ホルモンバランスが乱 れたり、頭痛、肩こり、めまいやPMS,排卵障害、生理痛、生理不順などの妊娠障害を起こしや すくなります。
また「血」を動かす原動力は、「気」の作用の一つです。
「気」が滞り乱れると「血」 の流れも悪くなり、上記のような症状の原因にもなります。
01_ketsu_illust.jpg


子宮や卵巣機能などを統括する「腎」


東洋医学で、五臓の中での「腎(じん)」とは、現代医学で言う水液代謝の機能を担う他、成長・生殖など にも関わり先天的な生命力を内包している臓器と考えられています。
しかしその機能は加齢により 衰えてきますし、ストレスや不規則な生活、食事の不摂生などでも機能が低下して、結果、卵巣機 能、子宮機能の総合的な「妊娠力」を下げることになります。
01_jin_illust.jpg
以上のように、東洋医学的にみると妊娠には、主に「気」「血」「腎」の 相互的な協力・補完関係により成り立っていることがおわかりになったかと思います。
年齢とともに妊娠力が低下してしまうのは、自然なことなのですが、肝心なことは、上記の三つの東洋医学的視点に則って自分のどこに問題があるのか?ということを検討して、適切な養生をはじめて行くことが妊娠力をアップする第一歩となることでしょう。




「気」「血」「腎」の視点から
実際の症状をチェックしてみたい方はコチラのページからどうぞ!!



「こんな症状ありませんか?」のページへジャンプ





さて、今回のお話はいかがでしたでしょうか?
今後の治療へのご参考にして頂けたらと思います。
また、お話の内容へのご相談や、治療のお問い合わせはお気軽にどうぞ。
当治療所HPの「不妊鍼灸治療について」のページを読む

仁愛堂の不妊治療についてイラスト




※当治療所HPへは下記リンクからどうぞ!


→ PCからのアクセスはコチラをクリック!!

→ モバイルからのアクセスはコチラをクリック!!
※モバイルからのアクセスの場合は、トップページからブログにジャンプ致しますので、右側のメニューバーから気になるトピックスにアクセスして下さい。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

手三里

Author:手三里
仁愛堂ブログへようこそ!
鍼灸のこと日々のこといろいろとお話いたします。
よろしくお願い致します。

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
ご相談内容:

カウンター
QRコード
QR