中国高速鉄道で急病人~はりで救急治療

先日、中国のネットを見ていたら中国の高速鉄道の車内で急病人が
はり治療で回復したニュースを目にしたのでご紹介します。

IMG_0603_convert_20180419111114.jpg


2018年2月28日アモイ発北京行きの高速鉄道G324列車に乗っていた
60歳の男性が突然倒れてしまいました。

車内の緊急放送で医師の応援を要請したところたまたま乗り合わせた
中国中医科学院(中国国立の伝統医学研究の専門機関)の大学院修士生
の李小嬌さんが駆けつけ、その時点では男性は、顔面蒼白で大汗をかき
左の脈が途絶えそうになっており所謂、厥逆(一種のショック症状、虚脱状態)
となっていました。既に来ていた現代医学の医師が血圧を測定したところ、
測定できない状態でした。

そばにいた家族の話から男性は、最近胃腸炎を患い、身体の調子はあまり良くなく
その日も朝食は取らずに列車に乗ったということでした。

列車内には相応の緊急薬の準備は無く、現代医学の医師もどうすることも出来ない
状態でした。そこで李さんは自分ははり治療が出来ることを家族と現代医学の医師に
伝え、同意を得てはりをすることになりました。

Screenshot_2018-04-19-09-22-05_convert_20180419104842.png


Screenshot_2018-04-19-09-22-17_convert_20180419104918.png


改めて脈を診てみると、左の脈が無くなっており危険な状態であったようです。

取穴
①人中穴:正中線上で鼻の下、唇の上
②左手の内関穴:手のひら側中心線上で手首から約2寸上
③左手中指の十宣穴:中指先端の中心線上
④右手の内関穴


経過
①のはりをした後、男性は大声をあげて覚醒した
②のはりをして男性の呼吸に合わせてはりを動かす手技をして
③のはりの後、意識がもどり
④のはりの後、血圧を測定したら正常範囲内になってきた
はりを抜いた後、男性は歩くことが出来、途中の駅で下車して
病院で治療をうけた、ということです。

Screenshot_2018-04-19-09-22-29_convert_20180419104947.png


治療穴は、はり・きゅう師であれば特段奇抜な取穴ではないことが
分かりますが、この取穴でやる!と判断(診断)したことが素晴らしい
と言えるのではないでしょうか?

一般に現代医学的な観点から考えると、急に人が倒れてしまった場合
いろいろ判断しなければならないことがたくさんあると考えられますが
①脳血管障害②心疾患、循環器系の急性障害③急性の腹症(大動脈解離など)
④出血性のショック⑤出血を伴わないショック、虚脱症状などが考えられ
ますがこの例ですと報道の内容からの判断にんなりますが、⑤に該当したの
ではいかと思われます。

いずれにしても、中医学では厥症に該当する状態で、的確にはりをして一次
救急治療が出来たということは、素晴らしいことだと言えます。

それにしても、この若い修士生の李先生、たまたまはりも持っていたのでしょうね。
高速鉄道に「治療用のはり」は準備していないでしょうから。

ちなみに、私も旅行の時は、はりを携帯しています。残念ながら自分用に。

以下、参考までに「十三鬼穴」の応用について

Screenshot_2018-04-19-09-17-57_convert_20180419103816.png




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

手三里

Author:手三里
仁愛堂ブログへようこそ!
鍼灸のこと日々のこといろいろとお話いたします。
よろしくお願い致します。

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
ご相談内容:

カウンター
QRコード
QR