冬至餃子夏至面 

今日は、24節気で夏至にあたります。

中国では昔から夏至に麺、とくに「涼面(冷え冷えの麺ではない)」と
呼ばれる汁なしの麺を食べる習慣があるようです。

夏至というと、陽気もっとも盛んな時期となり、熱くない麺を食べるのは
理に適っているようです。

日本ではちょうどこの入梅期となり時には梅雨寒の日もありますね。
今日も曇り空が広がり気温もそれほど上がらなかったので我が家では
最近、日本にも上陸中で密かな?話題の「蘭州牛肉面」を作ってもらいました。

IMG_20180529_200817_convert_20180621192032.jpg


具材は、牛肉、牛筋、香菜、葉ねぎ、大根、麺で麺は小麦粉からこねて作るのが
本格的ですが、日本のうどん(様々な太さがあるのでお好みで選ぶ)を
使ってもOKです。

牛筋、大根を煮込んでシンプルに塩で味付けしたスープに、牛肉、香菜、葉ネギ
を具として加えるだけのラーメンです。

お好みで自家製ラー油を淹れて、スープが真っ赤になるのを啜るのが本格的
な「蘭州牛肉面」の食べ方と言えます。

まだ、日本では梅雨の湿気の多い時期で、暑気に当たらないよう暖かいものを
食べて脾胃を温め、体内の陽気を整え、来るべき酷暑に備えたいものです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

手三里

Author:手三里
仁愛堂ブログへようこそ!
鍼灸のこと日々のこといろいろとお話いたします。
よろしくお願い致します。

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
ご相談内容:

カウンター
QRコード
QR