身体若要安 三里莫要乾。 「足三里穴」のすばらしい効能

先日、NHKで東洋医学を科学的に解明・説明するという特別番組が放送されました。

IMG_20180927_112619_convert_20180927153639.jpg


一般の方向けには、美容鍼で小顔になるとか、尿漏れ(過活動膀胱)に陰部の「会陰」
という経穴を使って治療するなどそれなりにインパクトのある内容でしたが、私がやはり
注目したのは、番組後編で紹介された足三里というツボの応用例です。

足三里は、治療者ではなくても知っている方も多く、実際にご自身でお灸をされている方も
いらっしゃるのではないかと思います。
足三里は、われわれ鍼灸をする側でも、日常的に良く使う、「常用穴」と言えます。
というのは、古来より様々な疾患、症状に足三里が使われ、数多くの書物にも紹介されて
来ています。現在知られている治療効果のある症状・疾患でも、消化器系、循環器系
呼吸器系、泌尿器系、生殖器系、頭顔面部の症状、下肢の麻痺や筋肉痛など多岐に
渡ります。中国・晋代の鍼灸の医学書『鍼灸甲乙経』にはなんと820回以上もの引用
があり、古くから多くの効能が知られていたことがわかります。

IMG_20180927_112819_convert_20180927153847.jpg


また、特に日本でも健康・長寿のツボとして養生として自分でお灸をすることが
長らく伝えられてきた歴史もあります。

現在では、アフリカで結核の治療に補助的に足三里のお灸をして、治療が展開されている
ということです。

IMG_20180927_112745_convert_20180927153809.jpg

足三里の効能の科学的な背景は近代になって1930年代、原 志免太郎博士のお灸の
免疫学的研究によってその有用性が提唱されました。

IMG_20180927_112928_convert_20180927153918.jpg

IMG_20180927_113009_convert_20180927154001.jpg

お灸で皮膚に熱刺激を与えると炭化物質が生成され、それを非自己タンパク質と認識する
ある種の白血球が増えて、活性化されることで免疫力の増強につながるのではないかと
考えられています。

IMG_20180927_113416_convert_20180927154101.jpg

IMG_20180927_113209_convert_20180927154032.jpg


私の治療でも、患者さんに自宅での毎日のセルフ施灸をお勧めしています。
それは今現在の症状を改善することと同時に免疫力を高めて、健やかな毎日を
過ごせるようにとの考えがあるからです。

                   「針所不為 灸之所宜」

お灸の素晴らしさが日本でも再度見直されて、広まっていくことを願うばかりです。

第34回 南越谷阿波踊り

日本三大阿波踊りとも言われている、「南越谷阿波踊り」

先週末に行われた「南越谷阿波踊り」は今年で34回となるのですね。
毎年開催されていて沢山の人出で賑わっています。最初は地元商店街の
振興から始まって、既に地元のお祭りとして定着していますね。

IMG_20180826_202920_convert_20180829165123.jpg

女踊りが華麗に舞います。

IMG_20180825_202625_convert_20180829165209.jpg

子どもたちも一生けん命練習の成果を発揮。

IMG_20180825_200737_convert_20180829165246.jpg

最後のフィナーレは、参加79連の後に続いて観客の方も一緒に踊ります。

IMG_20180826_205308_convert_20180829165323.jpg


阿波踊りが終わると秋の訪れを感じるのですが、
今年はまだまだ厳しい残暑が続くようです。

来年もまた参加したいですね!

不妊鍼灸治療についてのお話

みなさん、こんにちは。

ここしばらく記録的な猛暑日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか?
暦の上ではようやく8月に入ったばかりですので、まだまだ暑い日は続きそうです。
冷房や冷たい食べ物で身体を冷やしすぎないよう、皆さん気を付けて下さいね。

さて本日は、当治療所HPにてお話しております「不妊鍼灸治療」についてご紹介していきたいと思います。

今回は、第四回目といたしまして「不妊鍼灸治療についてのお話」から、実際の治療症例についてお話しさせて頂きます。
(HPでご紹介しておりますお話と内容は同じものとなります)



00_topic00.png


00_topic01_01.png


初診:
   201X年4月23日
   初診時39歳 
   パート(立ち仕事) 結婚4年目


既往歴:
23歳の時に子宮内膜症と診断されました。
3年前に腹腔鏡下の手術を行う。
不妊症歴は3年ほどで、初診までに体外受精は7回行ったが妊娠に到らず。合わせて他院でも 鍼灸治療を継続していた。現在服薬はなし。
ご主人には問題が無いとのことでした。
00_ohanashi_001_02.jpg


生理は順調:
28日周期、期間3日、量は少ない方、色は褐色、血塊は無い。PMSはないとのことでした。
初日に多少腰が痛くなる程度。温めると楽である。 冷え症がひどい、特に手足とお腹が冷えている。頚の凝りは慢性的で、最近疲れやすい。
睡眠は7時間くらいで良好だが、日中眠たくなることが多い。食欲は普通。便通は軟便で2回1日ある。
現代医学の不妊治療中だが、鍼灸で妊娠しやすい体質改善を希望して来院されました。

所見:
脈はやや緊張していて細く弱い感じの脈でした。
舌は淡白色で苔は薄い、形は胖大しており 両側に歯痕が見られる。
東洋医学的な診立て 全体的に気血が不足気味で滞っており、冷えが停滞しているために、特に子宮や卵巣を滋養出来ない状態と診られました。

気血を補い、流れを良くし、冷え(寒)を温めることで徐々に緩和し、
さらに「腎」の機能を高めて妊娠力をつける治療方針をたてました。
食養生などのカウンセリングを行いながら、概ね週一回のペースでの治療計画を立てていきました。




<治療の経過>


2診目:
4月30日 頚肩の凝りは楽になった。
まだお腹・手・足の冷えは感じる。 とのこと。
腹部と足の経穴に自宅での施灸をしてもらうようお願いしました。
(お灸は医療用のものをこちらで購入して頂きました)

5診目:
5月21日 最近は、身体全体が軽くなっている感じがする。
頚肩の凝りも軽減し楽である。
自宅施灸は、入浴後のリラックスタイムに毎日している。 とのこと。

00_ohanashi001_03.jpg

6診目:
5月28日 冷えは自覚があるが、以前ほど辛くは無くなっている。
体調も良くなってきているので、 採卵してこのまま調子が良ければ移植する予定だとうかがいました。

8診目:
6月26日 一週間前に採卵したが大きな変化はない。

10診目:
7月16日 職場でエアコンが強めに入れてあるので足とお腹が冷えている。
腹部のお臍周囲が硬く緊張している。とのこと。
腹部のお灸はいつもより多めに施灸いたしました。


11診目:
7月24日 体調は悪くない。
自宅でのお灸も続けて冷えも改善してきている。8月中に移植する予定。

14診目:
9月4日 8月初旬に移植し、8月末に妊娠を確認。
頚肩が凝っているのでその治療で終了いたしました。
以後、妊娠中のマイナートラブルで鍼灸の適用があれば来院するようにしてもらい 不妊治療は終了いたしました。

15診目:
(+1年)2月4日  1月末の検診で逆子(骨盤位、26週目)であると判明して来院されました。
腰痛もあるということでした。
手足の経穴にお灸を中心とした治療を致しました。
お灸はお腹の中の胎児に動きが出るまで据えました。
その後、2月13日の検査で正常に戻っていることを電話で確認しました。
予定日は5月4日とのことでした。

16診目:
(+1年)5月28日
4月20日に3400gの男児を正常分娩で無事出産されました。
授乳の姿勢のためか、左上肢の凝りと痛みで来院されました。



<治療のコメント>


両側卵管の閉塞が確認されているので、自然な妊娠がほぼ不可能と思われましたが、 高度生殖補助医療の技術により妊娠に到った症例です。

実際の愁訴としては、強い冷えを 自覚していて、特に腹部の冷えは術者にも感じられるほどで、また血行障害があり腹部の硬さが気になりましたが、集中して治療を展開することで冷えを収まり、腹部の硬さも柔軟性がでてきました。

00_ohanashi001_01.jpg

ご本人も身体の調子が良いと言っていた頃にタイミングよく採卵~移植という流れになり、妊娠が可能となりました。
体質を改善して妊娠できる身体を作りたいと言うご本人の強い希望・意思が感じられ、自宅での食養生や施灸をきちっとしていただいたのも治療効果を高める上でキーポイントになったかと思います。




さて、今回のお話はいかがでしたでしょうか?
今後の治療へのご参考にして頂けたらと思います。
また、お話の内容へのご相談や、治療のお問い合わせはお気軽にどうぞ。


当治療所HPの「不妊鍼灸治療について」のページを読む

仁愛堂の不妊治療についてイラスト




※当治療所HPへは下記リンクからどうぞ!


→ PCからのアクセスはコチラをクリック!!

→ モバイルからのアクセスはコチラをクリック!!
※モバイルからのアクセスの場合は、トップページからブログにジャンプ致しますので、右側のメニューバーから気になるトピックスにアクセスして下さい。




夏越大祓

関東も、急に梅雨明けとなり暑い日が続きそうです。

今日は、6月30日。早いものでもう一年の半分が終わります。

一年の半分が終わるこの時期と年末の2回、古来より大祓が
各神社さんでとり行われてきました。6月30日は、夏越の大祓。
茅の輪をくぐり、人形を川や海にながして、人々の罪やけがれ、
災禍や病気などを祓うという神事として行われてきました。

IMG_20180626_115707_convert_20180630095956.jpg


祓い清めることの本質が、日本人の日常生活のそこここに
垣間見ることが出来ると。

IMG_20180626_115209_convert_20180630095923.jpg


そんな清らかな気持ちで一日を過ごし、また明日を迎えたいと思います。

冬至餃子夏至面 

今日は、24節気で夏至にあたります。

中国では昔から夏至に麺、とくに「涼面(冷え冷えの麺ではない)」と
呼ばれる汁なしの麺を食べる習慣があるようです。

夏至というと、陽気もっとも盛んな時期となり、熱くない麺を食べるのは
理に適っているようです。

日本ではちょうどこの入梅期となり時には梅雨寒の日もありますね。
今日も曇り空が広がり気温もそれほど上がらなかったので我が家では
最近、日本にも上陸中で密かな?話題の「蘭州牛肉面」を作ってもらいました。

IMG_20180529_200817_convert_20180621192032.jpg


具材は、牛肉、牛筋、香菜、葉ねぎ、大根、麺で麺は小麦粉からこねて作るのが
本格的ですが、日本のうどん(様々な太さがあるのでお好みで選ぶ)を
使ってもOKです。

牛筋、大根を煮込んでシンプルに塩で味付けしたスープに、牛肉、香菜、葉ネギ
を具として加えるだけのラーメンです。

お好みで自家製ラー油を淹れて、スープが真っ赤になるのを啜るのが本格的
な「蘭州牛肉面」の食べ方と言えます。

まだ、日本では梅雨の湿気の多い時期で、暑気に当たらないよう暖かいものを
食べて脾胃を温め、体内の陽気を整え、来るべき酷暑に備えたいものです。
プロフィール

手三里

Author:手三里
仁愛堂ブログへようこそ!
鍼灸のこと日々のこといろいろとお話いたします。
よろしくお願い致します。

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

お名前:
メールアドレス:
件名:
ご相談内容:

カウンター
QRコード
QR